地元商店街の地上げ騒動

投稿日: カテゴリー: 未分類

今年3月に発覚したこうせつ地域の地上げ問題。

すでに100%の合意となり、来年三月までには全店舗と住居が退去する。

こうせつ地域は、築40年をこえて建物が老朽化しており

また、個々の登記が分筆されてなく、その所有割合だの権利のため

このような地上げ業者に狙われやすい状態にあった。

以前より再開発の話もあり、大手のデベロッパーとの交渉もあったようだが

こうせつ地域の空き店舗を買いあさっていた元理事長が

その土地の売買に関与した業者に、自分の店を含めて全ての持ち物の売買を契約。

業者は、当初大手のデベロッパーが提示していた地価よりも大きく下回る価格で

関係店舗に交渉に入った。

現在店舗を閉めて住まいとしている地主や店子のいる地主は

いち早く売買の契約をすまし、残された営業中の地主や店子は

追い出しのような形で契約をしたようだ。

この契約については、個々の地主の考え方もあり、

にんまり笑っている地主と涙を流している地主と両極端で、

一概に心外な地上げをされたとは言い切れないが、

900坪を超える店舗が街から消え去る現状では

商店街としての組織の存続も危ぶまれる。

 

商店街としてのありかたの勉強会もなく

自分の利益だけに走り地上げに加担した

元理事長の行動には疑問が残る。

 

商店街という組織は、一時代前の形かもしれないが

大型店には無い味わいを持っている。

地域密着型で年寄りに優しい町を目指していく

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です